持ち手の修理

ビジネスバッグを、DIY修理という人たちもいます。最近ではDIY修理というものもとてもブームなのですが、やっぱり高級なバッグや、思い出のバッグを修理しようと思う程、DIY修理ではリスクが大きいかもということを心配するのではないでしょうか。

バッグの持ち手が壊れたという人たちもいらっしゃるでしょう。やはり間違いない方法はといえば、バッグの修理業者に持ち手の交換をお願いすることです。そのような場所が壊れたって、まだまだそのバッグはキレイなままです。プロフェッショナルにお願いをすれば、現状に近い形や色を選択して職人さんがひとつひとつ、一からじっくり時間をかけて制作をしてくれます。

出来る限り修理したことを他の人にバレたくないというのも多くの人たちが持っている心情ではないでしょうか。しかし、プロフェッショナルにお願いすれば全然心配することはありません。バッグのプロフェッショナルの仕事だからこそほとんどもとのままの状態の見た目も全然判らないほどに修理してくれるでしょう

他の部分は、いつも触れられることがあるという訳ではありませんが、「持ち手」の部分は全然事情が違います。使えば必ず持つ場所であり、手のあぶらにまみれたり、すり切れたりして、高級なバッグでもすぐにやられてしまう場所です。

 

モノの属性に安堵

バッグの持ち手が壊れたらすぐに修理してもらいましょう。 ビジネスバッグが壊れたとき、DIY修理するという人たちもいるかもしれません。 DIY修理しようとするモチベーションが起こるのも、やっぱりそのビジネスバッグを大事にしているからではないでしょうか。デザインが好きというケースもあるでしょう。そして、本来バッグというものも使えば使うほどどんどん愛着がわくものではないでしょうか。

人間も年をとれば深みが出てくるように、ビジネスバッグだって長く使えば、バッグ自体があなたの仕事の歴史や思い出について語りはじめているのです。そのようなビジネスバッグを持つことで、人間は安心して過ごすことが出来るのです。

昔から人間は、モノの属性によりすがって生きていた本能を持っているのです。なぜなら、人間自体が永遠ではないから、モノに対して憧れを持っているせいとも考えることが出来ます。子供さんの時代から、みなさんは既にモノを集めるコレクションをはじめていたのではないでしょうか。それも、モノが側にあることの安心感のためなのです。

そして子供が大人になり自分自身でお金を稼ぐことが出来るようになれば、ちょっと高級なバッグなど購入して満足感にひたっていたりするのではないでしょうか。